チェックポイント|ブラジャー事情を知って美しいバストメイクをしよう

毎日身につけるブラジャーの状態をチェックしよう

チェックポイント

胸

カップの丸み

ブラジャーの寿命とは誰かが教えてくれるわけでも無いので、わからないものですよね。この時にわかりやすく確認する方法があります。それはブラジャーを机などの平面においてカップの膨らみを見ます。カップの状態に丸みがなくなり、へこんでしまっている場合は寿命だと言えます。カップが膨らんでいないと、美しいカップを保てなくなります。そのため半年経ったら状態をチェックをするように心がけましょう。

ワイヤーの歪み

ワイヤーはブラジャーを支える必需品です。だからこそ、ワイヤーの歪みなどにすぐに気づかなければなりません。ワイヤーが歪んで体に食い込むなどになれば体によくないからです。皮膚を締め付けてしまうので、肌の負担が大きいです。ブラジャー自体が劣化していて、ワイヤーが生地から飛び出したりすると、肌を傷つけてしまう可能性があります。そういったリスクの危険性から考えても、ワイヤーのチェックは欠かせません。

正常に伸びているか

ブラジャーはバストを支えている重要な役割を行なっています。そこでアンダー部分の伸び縮みが関係していきます。伸び切っているものや、逆に狭すぎるなどがないベストなものを身につけるようにしましょう。アンダー部分の伸縮性が正常でないと、日常生活の動作でせっかくセットしたバストがズレてしまいます。伸縮性を確かめるためにもアンダーを定期的に引っ張ってみて、確かめていきましょう。

定期的な点検が必要

ブラジャーなどの下着は、毎日身につけるものなので定期的に点検をするようにしましょう。肌に1番近い存在であるからこそ、点検を行って状態確認をすることが重要です。体型の変化や日々着用しているうちに劣化していくので、最低でも半年に一回はチェックをしていきたいものです。

広告募集中